FC2ブログ
mana&aloha
ペットだったり、音楽だったり、日々の想いだったり・・・ その日の気分次第♪ ゆるーく参りましょう♪
DATE: 2008/05/27(火)   CATEGORY: 未分類
ノラネコちゃんの話。。。
今日はとてもとても アタシにとって悲しくて辛いお話です。。
書きたくないけど、書いておかないと、アタシが押しつぶされそうなので書きます。

以前から登場してるmomoの仲良し「ノラ猫チビちゃん」のお話しではなく
そのケンカ相手として登場したノラネコちゃんのお話しです(参照記事)

ゆうべも、チビちゃんとこのノラネコちゃん、ケンカしてました。
アタシとmomoが例によって「チビにナニするのー!!」と追っ払いに外に出て
すごい勢いで走って逃げてったノラネコちゃん。

今朝は朝から外で猫の鳴き声がするなぁ・・サカリかなぁ・・と思っていたら。
出かける直前のアタシの目の前に飛び込んできた光景は

そのノラネコちゃんが動けずにうずくまって鳴いている姿でした。
明らかに後ろ足が伸びていて、後ろ足が動かない様子が見てとれました。

近所の人も数人集まってましたが、誰も触れません。
どうすればいいのか・・とか細かい事を考える前に
momoのキャリーバックとバスタオルを手にノラネコちゃんに声かけました。
「ごめんね。痛くしないからね。大丈夫だからね」
昨日走って逃げたコと同じネコとは思えないほど、素直にアタシに抱かれました。
バスタオルにくるんで、キャリーバックに入れ、更にmomoのカートに乗せました。
ノラネコちゃんは振り返ってアタシを見て「ナァー」と鳴きました。
母に「これなら病院連れてけるでしょ?準備して!」と指示し
ウチから徒歩2分の動物病院に連絡し連れて行かせました。

アタシはあいにく用事があり、出かけなくてはなりませんでした。
よっぽどキャンセルしようかと思ったけど、それはできず母に託しました。

出先から連絡入れると、どうやら脊椎損傷。車か何かにひかれたかはねられたか・・
外傷はひどくないようにみえたのですが、もう後ろ足は動かないだろうとの事。。

出先で考えました。アタシにあのノラネコちゃんを飼えるのか?面倒みれるのか?
よくわからない。何がベストな選択か、思い浮かばないまま
とにかくそのまま保護を!と言い、普段使ってないmomoのケージに入れるよう伝えました。

その間、母は交番に相談。近所の飼い猫ではないかの確認。警察の指示により区役所に相談。
そののち「東京都動物愛護相談センターに連絡を」という指示があり、その通りにしたと。

すると・・アタシが猛ダッシュで帰宅するより前に、センターが引き取りにきてしまったと。。
センターではすぐに処分などはせず、治療をし、飼い主又は里親探しをする、との事でしたが
せめて写真を撮って近所に貼ったり・・はしたかった。
せめて一晩だけでも、アタシが面倒みてあげたかった。

ただ一瞬、抱き上げただけだったけれど、その瞬間にもう情が移ってしまってたようです。
今も、その重みと感触が腕から消えません。
今も、抱き上げたあと、振り返ってひとこえ鳴いた時の顔が忘れられません。

その後、ネットでそのセンターの事を調べ、更に里親募集サイトを見ると
そのセンターから里親募集に出されているコが多数いるのを見て、少しだけ安心しました。

何が最良だったのかはわかりません。
後悔を言えばキリがありません。母も同じ気持ちなので、母の前では泣けません。
でも、今ひとりになって、涙が止まりません。もうちょっとだけ面倒みてあげたかった。それが本音。

チビちゃんのケンカ相手と思っていたけれど、どうやらオスだったようで
もしかしたら、チビちゃんのボーイフレンドだったのかもしれません。
チビちゃんに「アンタ淋しくない?大丈夫?」と聞いてみたけれど「ニャア」と鳴くだけ。
momoに「チビちゃんと今まで以上に仲良くするのよ?」と言うとアタシの鼻をペロっと舐めました。
アタシの想い、動物達に伝わっているならば、少しだけ救われます。

今まで2回程イヌを保護し、飼い主の元に返した事があるけれど
今回はノラネコちゃん。返す場所がなかったのです。飼ってあげる事もできなかったのです。
動かなくなった足が、少しでも動いて、誰か優しい人が引き取ってくれる事を祈るばかりです。

もしも、チビちゃんが事故に遭って足が不自由になったとしたら、
その時は絶対アタシがサイゴ迄面倒みるから。という決意だけはしました。

やっぱり書いても心の整理はできないみたい。。
もうちょっとだけ、ノラネコちゃんに何かしてあげたかった。。
今夜はネコの鳴き声のしない、静かで悲しい夜になってしまいました。。


スポンサーサイト



[ TB*1 | CO*10 ] page top
copyright © mana&aloha all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ